骨盤の歪みによって様々な悩みが生じる

骨盤の歪みによって様々な悩みが生じる

部分痩せというのは実際に実践したことがある方でしたらわかると思いますが、そう簡単なものではありません。
自宅では非常に難しいダイエットの一つですので、まずはエステに相談をされてみることをオススメします。 適切な位置を保つことが出来なくなってしまい、そもそも骨盤は姿勢の悪さや運動不足などの影響で歪みが生じているのです。
正常な位置に骨盤が来ていなければ、女性の悩みである生理痛や便秘などといった症状を悪化させてしまうことになります。
いろいろな症状で悩んでしまっている方が今では骨盤の歪みが原因となって、多くいらっしゃいます。
多くのエステでも骨盤矯正メニューがありますので自宅で骨盤矯正をすることも可能ですが、利用してみてはいかがでしょうか?

 

一昔前と比べて骨盤が歪みやすい傾向にあり、どうしても今の人というのは姿勢の悪さや運動不足が目立っています。
骨盤の歪みやそれに伴う症状を自覚してきたら、なるべく早めに骨盤矯正を実践するようにしましょう。



骨盤の歪みによって様々な悩みが生じるブログ:19年05月12日

コンチワ^^

ダイエットを行う場合、
24時間の総摂取カロリーを決める必要があります。

摂取カロリーが多すぎれば
体に溜まった脂肪は減らないですし、
逆に少なすぎれば代謝が低下し
痩せにくい体になってしまいます。

ダイエットを成功させるには、
必要な量の摂取カロリーをしっかりと摂取することが
とても重要です。

ちなみに…
ダイエットのために摂取カロリーを減らす場合は、
成人の平均摂取カロリーより20%程度落とすのが
最も効果的に体に溜まった脂肪を落とせるんだそうです。

女性の場合、
成人女性の平均摂取カロリーが約1800kcalなので、
それより20%落とした1440kcalが
ダイエットに必要な24時間の摂取カロリーの目安となるわけです。

ただし、
今ままで2500kcal食べていた人が、
いきなり1440kcalに減らすのは危険です。

このような場合は、
2週間おきに300kcal程度摂取カロリーを減らしていって、
目標の1440kcalにするようにしましょう。

いきなり摂取カロリーを減らしすぎると
確実にリバウンドします。

また、
「理想体重×30キロカロリー=24時間の総摂取カロリー」
という目安もあります。

例えば…
50kgが目標であれば「50×30=1500」で、
24時間の総摂取カロリーの目安は1500kcalとなるのです。

しかしながら、
例えば、現在60kgで目標が50kgの場合、
いきなり10kgも落とすのは
リバウンドしやすく健康も害する可能性があり危険です。

なので、
このような場合は2〜3kg減らした体重を目安に、
24時間の総摂取カロリーを求めるようにしましょう。

とっぴんぱらりのぷう

ホーム サイトマップ